NEW

脱北者が重大証言!「水爆実験場周辺は、昨夏から異様に停電が多くなっていた」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
suibaku0107.jpg
朝鮮中央テレビが流した核実験のイメージ映像

【日刊サイゾーより】

 ついに人類最凶の兵器、水爆に手を出した北朝鮮。その実験場となった、咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(プンゲリ)周辺の町から最近、中国へ脱北してきたという40代の男性への取材に成功した。周辺の市街地は「昨年夏ごろから、異様に停電が多くなった」といい、市街地の電力を実験場に集中させてた可能性が浮上した。水爆開発にすさまじい投資をする一方で、困窮を極める人民生活の実態に迫る――。

 男性は咸鏡北道の農村で働いていたが、秋ごろに脱北して、現在は中国東北部に潜伏しながらバイト生活を続けている……

続きはこちら