NEW

不倫騒動で「タレントとして死んだ」ベッキー…早くもポスト・ベッキー争い?最有力は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 1月7日に各メディアによって報じられた、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動。


 昨年10月頃から親交を深めた2人は、今年の元日には川谷の故郷である長崎県の実家を訪れたとされている。また、ベッキーは川谷が既婚者であることを知りながら交際を続け、LINEで川谷に離婚を促すような発言をしていたことまで報じられている。

 ベッキーは6日夜に会見で「お付き合いということはなく、友人関係」と不倫を否定したが、質疑応答はなく、「まるでCMクライアントへの釈明コメントだ。質問を受けつけなかったことで、余計に疑惑を深めた」(テレビ局関係者)という声が挙がっている。

 ベッキーといえば、テレビのレギュラー番組、CM契約ともに10本を抱える超売れっ子だが、その人気は元気で前向き、さらにスキャンダルとは無縁の清純なイメージによって支えられていた部分が大きい。今回の騒動により、「タレント生命の危機」(同)、「タレントとしてはすでに死んだ」(別のテレビ局関係者)とささやかれるほど、イメージダウンは免れない。

「CMはすでに1社が打ち切り決定、2社で今後の対応が検討されています。テレビでも、『人畜無害で老若男女が安心して見られるベッキー』が崩壊した今、オファーに二の足を踏む局が増えるでしょう。つまり、今後はベッキーの露出が激減するわけですが、そこは椅子取りゲームの芸能界。すでに『誰が穴埋めをするか』が、業界内の関心事になっています。

 飽和状態といわれる、いわゆる“ハーフ系タレント”市場の中でも、ベッキーはトップランナーでしたが、これで勢力図が大きく変わるでしょう。まず、出番が増えると思われるのが、同じくバラエティが主戦場のローラやダレノガレ明美です。ベッキーはMCとしても活躍していましたが、司会力に定評のあるホラン千秋やSHELLYがその代役を務めることも考えられます。

 また、政治オタクとして知られる春香クリスティーンは、7月に予定される参議院議員選挙に向けて出番増加が予想されていたところに、“ハーフ枠”がひとつ空いたため、さらに猛プッシュされるかもしれません。独特のしゃべり方で注目を集める藤田ニコルや滝沢カレンも、一気に顔を売るチャンスです」(芸能事務所関係者)

一番恩恵を受けるのは小島瑠璃子?


 ベッキーの失速でポッカリ空いた穴を、ほかのハーフ系タレントが埋めるという構図になりそうだ。また、「一番恩恵を受けそうなのが、小島瑠璃子です」と語るのは、前出とは別の芸能事務所関係者だ。