NEW

フジ昼ドラが「カオス」すぎる!ドロドロ愛憎から異常に壮大な物語、棒読み演技…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在放送中の『新・牡丹と薔薇』「東海テレビ HP」より
 フジテレビ系の昼帯ドラマ枠が2016年3月で終了することが発表されて以来、主婦層を中心に、嘆き悲しむ声や存続を望む声が広がっている。


 平日の13時25~55分に放送されるフジの「昼ドラ」は、『真珠夫人』『牡丹と薔薇』など、いわゆる“ドロドロ系”の愛憎劇が話題になることが多く、フジきっての名物枠として知られていた。その昼ドラが、なぜ打ち切られてしまうのだろうか?

近年の昼ドラは、カオスな作品を連発して迷走


「結局、一番大きいのはお金の問題でしょう。ドラマの予算はバラエティより高額なので、視聴率が取れなければ、テレビ局にとっては大きなお荷物になってしまいます」

 そう分析するのは、ドラマ評論家の田幸和歌子氏だ。特に、ここ最近は高視聴率のヒット作が生まれなかったこともあり、「昼ドラ枠をこれ以上維持するのが難しくなったのでは」と指摘する。

「時代とともに、昼ドラがターゲットにしていた主婦層も昼間に働くようになり、かなり前から視聴者離れが始まっていたようです。そのせいか、最近は作品自体も迷走気味と感じていました」(田幸氏)

 その迷走ぶりがもっとも激しかった作品として田幸氏が挙げるのは、14年に放送された星野真里主演の『シンデレラデート』だ。当初、制作側からは「キラキラとした大人の切ない恋愛モノ」というコメントが出されたが、蓋を開ければ、ストーカーと不倫と純愛が入り乱れるなど、まるでカオスのような作品に仕上がっていたという。

「ヒロインがインドネシアのジャカルタを旅行している時に出会った男性と恋に落ちるというストーリーですが、不倫なのに、なぜか純愛として描かれているのです。その上、ストーカーから恋愛が始まるという設定もあり、何がなんだかわからない感じでした。

 また、不倫されてしまう哀れな夫役として、お笑いタレントの陣内智則さんが出演していたのですが、これが素晴らしいくらいの棒読み演技で……。個人的には好きなのですが、いろいろな要素が強すぎるドラマでした」(同)

最高視聴率16.9%を叩きだした「嵐3部作」


 迷走した作品もあったにせよ、昼ドラの「不倫」「略奪」といったドロドロ感が世間的に受けていたのは事実だ。しかし、田幸氏によると「昼ドラ=ドロドロ愛憎劇」が定着したのは、比較的最近のことだという。

「そもそも『昼の帯ドラマ』という枠がスタートしたのは、1960年のことです。『日日の背信』という新聞連載小説を連続ドラマとして放送したのが始まりで、ターゲットを主婦層に絞った『ライオン奥様劇場』となったのは、その4年後の64年です」(同)