NEW

進化した怪獣映画『モンスターズ/新種襲来』は戦争の真実に迫る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギャレス・エドワーズ監督は、いま最も注目されている映画監督のひとりだ。2014年のハリウッド大作『GODZILLA ゴジラ』を成功させ、そのまま「GODZILLA ゴジラ」続編映画(2018年公開予定)での続投が決定し、さらに現在は、ディズニーが主導する「スター・ウォーズ」実写スピンオフ映画第一弾、『ローグ・ワン:ア・スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年公開予定)の監督に選ばれるなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いといえる。驚くべきは、超大作『GODZILLA ゴジラ』に抜擢されるまでに、エドワーズ監督は、出身国であるイギリスで劇場用作品を一本しか撮っていないということだ。彼が一気にハリウッドで才能を評価されることになった、その異色怪獣映画が『モンスターズ/地球外生命体』である。今回紹介する『モンスターズ/新種襲来』は、その続編にあたる。

 映画業界において伝説となった前作『モンスターズ/地球外生命体』は、低予算作品であることを逆手に取った、ドキュメンタリー風の斬新な手法が評価された。

続きはこちら