NEW

「不倫女」ベッキー、人々が抱いていた嫌悪感が爆発…もともと人気に陰りも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッキー
 1月7日に各メディアによって報じられた、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動。


 昨年10月頃から親交を深めた2人は、今年の元日には川谷の故郷である長崎県の実家を訪れたとされている。また、ベッキーは川谷が既婚者であることを知りながら交際を続け、LINEで川谷に離婚を促すような発言をしていたことまで報じられている。
 
 ベッキーは6日夜に会見で「お付き合いということはなく、友人関係」と不倫を否定したが、質疑応答はなく、「まるでCMクライアントへの釈明コメントだ。質問を受けつけなかったことで、余計に疑惑を深めた」(テレビ局関係者)という声が挙がっている。

 ベッキーといえば、テレビのレギュラー番組、CM契約ともに10本を抱える超売れっ子だが、その人気は元気で前向き、さらにスキャンダルとは無縁の清純なイメージによって支えられていた部分が大きい。そんなベッキーのタレントとしての今後はどうなっていくのであろうか。同じく不倫騒動で一時は活動休止に追いやられた矢口真里のように、転落は免れないのだろうか。

 恋愛コラムニストの堺屋大地氏はこう分析する。

「CMタレントとしては致命的。現にローソンなどの企業がCMの一部取りやめを発表していますし、その他の企業も契約期限がくれば契約を延長せずに打ち切る可能性が高いです。これまでのように多数の大手企業のCMに起用されることは考えにくいでしょう」(堺屋氏)

 ただ、テレビタレントとしては人気をV字回復させる可能性が高いと堺屋氏は続ける。

「これまで以上に多数のレギュラー番組を抱えて活躍していく可能性は十分あると思います。いくつか理由はありますが、まず今回のスクープは、仮にお相手の川谷さんが昨夏に結婚していなければただの熱愛スクープでしかないという点です。既婚者に手を出すことが御法度なのはもちろんですが、ベッキーさんの立場からすれば『愛した相手が既婚者だっただけ』であり、『純愛を貫いただけ』という見方もできます。一方の矢口さんは、自分に夫がいながら別の男と情事にふけっていたわけで、しかもその場面を夫に目撃されてしまうという大失態を犯しています。矢口さんとは違い、ベッキーさんには同情の余地がかなりあります」(同)

不倫騒動が起こってよかった理由


 堺屋氏の見解によると、むしろ今回の不倫騒動が結果的にプラスに働くとも。