NEW

受動喫煙はペットにも悪影響!ちょっと一服がペットに大きなダメージをもたらす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

dogtabaco.jpg
小さな動物ほどリスクが高い blanche/PIXTA(ピクスタ)

 政府は2020年(東京オリンピック・パラリンピック)に向けて、受動喫煙規制のための新法整備に乗り出す模様だ。

 駅などの公共施設は全面禁煙とし、レストランやショッピングセンター、ホテルなど不特定多数の人が利用する施設は、分煙を義務づけ、違反者への罰則も設ける見通しだ。

 禁煙ムーブメントは国際的な潮流だが、喫煙者にとっては肩身が狭い。タバコを吸う権利ぐらいある、という主張もある。一方で、吸わない人は、タバコの煙を吸わない権利がある、と声高だ。

 受動喫煙の悪影響は、今や広く知られるところ。とくに、成人よりも体の小さな子どもへの影響は深刻だ。

 もっと体の小さな動物へのリスクも指摘されている。とくに、欧米の多くの小動物専門医から、ペットに対する副流煙の危険性について、近年多くの警告が出ている。

がんや細胞損傷、体重増加などのリスクがアップ

 昨年12月29日、英・グラスゴー大学の研究者らが、受動喫煙による犬や猫の健康被害について発表を行った。研究によると、タバコの煙にさらされている犬や猫などのペットは、がんや細胞損傷、体重増加などのリスクが高いという。