NEW
福井繁雄「Life Happy Wellを目指して」

家に大量の残薬、さらに病院で大量処方…深刻化する残薬問題、どう解消?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
残薬の経験の有無について(「厚生労働省 HP」より)
 本連載前回記事では、医療業界が抱える残薬の問題について考察したが、今回は実際に在宅訪問を行うなかでの事例や方針について考えてみたい。


在宅訪問時の残薬チェックの効果


 現在、残薬チェックを行うことで下記のような効果を実感している。

・廃棄薬や重複処方が減る

「定期処方を受けている薬が、まだ実は大量にある」「名前が違うだけで、同種の薬効の薬がたくさんある」といった状況に気づき、対処することができる。

・残薬を発見することで、飲んでいない理由を聞くきっかけになる

 飲みにくい、味が苦手、気分が悪くなる、朝は体調が悪い、皮膚が弱いといった情報を家族や医療関係者と共有することで、適切な治療につながるケースも多数存在する。

・上記の内容を把握することで患者とのコミュニケーションが拡大し、信頼関係を向上できる。また、医師との連携も向上し、患者の円滑な治療に結びついていく

【実際に遭遇・対応した事例】

(1)一包化(服用時ごとに複数の種類の薬を同封する行為)の薬剤処方、病院で90日分の処方というかたちから、診療所通院に変わったタイミングで1週間分に変更

 来局した高齢者から「自宅に大量の薬がある」との話を聞いたので、次回来局時に持参してもらったところ、実に紙袋に満杯という量であった。患者は「私は90日分の処方で、ずっと変わっていない。もう20年ぐらい続いている」と言う。そこで薬局から医師に連絡をとったところ、医師自身はとくに意識をしておらず、「過去の薬がそれほど残っているのであれば、1週間分の処方で結構です」ということで処方量変更になった。なお、患者に説明をしたが、問題なく納得した。

 なお、当該事例は、その薬局に勤務する薬剤師にとっては、実に「初めて知った患者宅の残薬の現実」であった。これは、まだ薬剤師の間で服薬指導や残薬に関する意識が不足していることの現れである。

(2)ビタミン剤の処方を整理する

 アリナミンなどのビタミン剤は、習慣的にDO処方(前回と同じ薬の処方)される場合が多い。しかし、患者の服薬状況を確認し、体調の良し悪しや残薬の有無に応じて、処方量を調整する必要がある。

 実際、分3(1日3回、朝食・昼食・夕食時に2錠ずつ服用)で1日6錠であった処方を、分2(1日2回の服用)で1日4錠に変更し、14日分の処方を7日分に変更したといった事例は多数存在する。そういった際には、患者に説明をし、納得のうえで医師に連絡をとっているが、医師自身も「あ、そうかそうか」とあまり抵抗なく処方変更に応じる場合がほとんどである。