NEW

成人の安静時心拍数は、男性60~70回、女性65~75回 脈拍数の乱れは命にかかわる病気の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

398-2.jpg
不整脈は重篤な病気の前兆/shutterstock

 中国の古代医学では、ツボ(経穴)とツボを結ぶ筋道を経脈(けいみゃく)と呼び、人体にある12の経脈は、15の脈絡(血管)と繋がりながら、血流をコントロールしているとする。また、祖先から子孫へ血統やDNAが伝わるように、師から弟子へ仏教の教義が伝わることを血脈相承(けちみゃくそうじょう)という。

 ツボが連なれば「経脈」、血筋が受け継がれると「血脈」、山並みが続けば「山脈」、顔が繋がると「人脈」、マネーがマネーを呼べば「金脈」、気心が合うと「気脈」、気持ちが共鳴すれば「一脈」、リズムやモラルが狂うと「乱脈」、医者が脈を取れば「検脈」、脈(心拍数)が乱れれば「不整脈」だ。

 筑波大学大学院・病態制御医学循環器内科学の青沼和隆教授によれば、不整脈とは、自律神経(交感神経と副交感神経)の興奮、虚血性心疾患、その他の心臓の病気によって心筋の電気系統に異常が生じるために、脈(心拍数)が乱れる状態だ。

 脈(心拍数)は、心臓が1分間に拍動する回数(bpm)のこと。脈拍(数)ともいう。成人の安静時心拍数は、男性60~70回、女性65~75回。拍動が最も速くなった時の最大心拍数は、年齢が高くなるほど下がり、成人は「220−年齢」、高齢者や低体力者は「215−年齢」だ。自律神経(交感神経と副交感神経)によって制御されている心臓は、血液を送り出すと動脈に拍動が生じ、交感神経が優位になると脈(心拍数)が増える。

100〜400回(bpm)で頻脈性不整脈

 心拍数が乱れる不整脈は、頻脈性不整脈(頻脈)と徐脈性不整脈に分かれる。

 頻脈性不整脈は、心拍数が速くなる不整脈で、100〜400回(bpm)の状態をいう。心拍数が速くなりすぎると、心臓は血液を効率的に送り出せなくなるため、心臓は心停止発作を起こす。