NEW

「SMAPはジャニーズでやるから心配ない。飯島は許さない」メリー副社長が勝利宣言

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=編集部
 SMAP解散をめぐる騒動が、連日世間を賑わせている。


 一連の報道を総合すると、当初は木村拓哉だけがジャニーズ事務所に残り、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛(編注:「なぎ」は正式名は漢字)、香取慎吾は独立する可能性が濃厚とされていたが、木村がメンバー全員に直接電話をかけるなどして、解散回避に向けて動いているとも一部で報道されている。

 世間一般の人々の間では、ジャニーズ事務所を取り仕切るメリー喜多川副社長よりも、ジャニーズを離れる“SMAP育ての親”でチーフマネージャー・飯島三智氏と、恩義から同氏に同調する動きをみせていた中居らメンバー4人に同情的な声が多いようである。

 だが、そうした世間の声に反して、スポーツ紙やテレビ局の報道は日増しにジャニーズ寄りになっている。特にジャニーズ残留を決めた木村を持ち上げる報道が増える半面、飯島氏や中居に対する風当たりは強い。

「ジャニーズと日頃から付き合いの深いテレビ局やスポーツ紙は、早い段階でジャニーズ側からSMAP解散の情報をリークされた一部を除き、当初こそ飯島氏の独立をバックアップすると目された芸能界の複数の勢力の存在もあり、中立に近い立場で成り行きを見守っていました。しかし、形勢がジャニーズ有利と見るや、どちらに味方すべきかの判断を下したのでしょう。中居さんに対する風当たりが強いのは、4人のなかでも独立に積極的な姿勢を見せていたことや、バラエティ番組で近藤真彦さんをネタにするエピソードを話したことにメリーさんが激怒しているから。メリーさんにとって近藤さんは息子同然の存在ですからね。もちろん、中居さんの“マッチネタ”にゴーサインを出したのは飯島さんです」(広告代理店関係者)

 このようにマスコミが一気にジャニーズ寄りに動いた背景には、飯島氏の大きな誤算があったという。芸能事務所マネージャーは語る。

「当初、飯島さんをバックアップすると目された存在としては、複数の大手芸能事務所幹部に加えて、芸能界に興味を持つある政財界関係者の名前も取り沙汰されていました。しかし、それはあくまでSMAPのメンバー全員が揃って独立するというのが条件でした。ところが、蓋を開けてみれば木村さんが残留を表明した。これを見てバックアップを予定していた勢力も、『5人セットじゃなきゃ話にならない』『なぜキムタクを調整できなかったんだ』とトーンダウンしてしまったようです。ようは、木村さんを残留させたメリーさんの作戦勝ちです。ライバル事務所からしてみれば、仮にSMAPを引き抜けなくても、今回の騒動でジャニーズに十分ダメージを与えられたし、ジャニー喜多川社長も、メリーさんは高齢なので勝負を焦る必要はないと思っているのではないでしょうか。メリーさんも、跡を継ぐ娘で副社長の藤島ジュリー景子さんのために、芸能界とは別の業界の大物たちと独自のパイプを強化しているようです」

メリー副社長の勝利宣言


 そこで気になるのは、なぜ木村がジャニーズ残留を決断したのかという点である。