NEW

あのスキーバス事故も? 夜勤明け運転は「走る凶器」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

busjiko.jpg
夜勤明けの運転は「走る凶器」!? タカサン/PIXTA(ピクスタ)

 1月14日未明に起きた、大学生など14人が亡くなった長野・軽井沢町のスキーバス事故。2012年にも、関越自動車道の防音壁に激突し乗客7人が死亡するというツアーバスの事故があった。これは運転手の居眠り運転が原因だった。

 今後の捜査や検証によって明らかになっていくと思われるが、近年、スキーツアーの価格競争は激しく、今回も安全対策がおろそかになっている可能性が浮かんでいる。

 死亡した運転手2名は、健康診断も受けていない65歳と57歳だった。多くの人が、ハードな運行スケジュールによるシワ寄せが招いたのでは、との疑念をもっているのではないだろうか。

就労人口の約3割が交代勤務

 今や多くの店舗が通夜営業をするのが当たり前の世の中。この便利な暮らしを支えているのが、交代勤務に従事する人たちだ。今や日本の就労人口の約3割が何らかの交代勤務に就いており、うち約3分の2が、午後10時~翌朝5時の時間帯にかかる勤務に従事しているという。

 しかし当然ながら、人は昼間に活動し夜間は眠る生物。夜間勤務については、さまざまな問題点が指摘されている。がんや生活習慣病に罹るリスクの増大といった長期的な健康への影響も懸念される。

 だが、もっと身近なものは、眠気による事故の危険である。