NEW

ベッキー、不倫相手の川谷といまだ交際継続か…ベッキーを叩き潰す妻の「周到な復讐」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 ベッキーの初スキャンダルから1週間がたち、マスコミ関係者の間では「これでベッキーの芸能人生が絶たれる」とまで噂されていた記事が、14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された――。


 同記事では、ベッキーと不倫関係にあるとされる「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の妻Aさんへのインタビューのほか、実はベッキーと川谷はいまだに別れてはおらず水面下で連絡を取り続けているという関係者の証言も掲載されている。音楽業界関係者が明かす。

「昨夏にAさんと結婚した川谷さんは、その直後の10月にベッキーさんと出会い親密になり、11月にはAさんに離婚の話を持ちかけていました。Aさんにしてみれば、川谷さんに女ができたと思うのは当然でしょう。Aさんは友人や知人に相談して、すぐに興信所に調査を依頼し、不倫相手がベッキーさんであることを知りました。芸能人のなかでも特に清廉なイメージが売りのベッキーさんゆえ、週刊誌に情報を売ってスキャンダルにすることが一番の復讐になると、ある人がAさんに入れ知恵したのです」

 6日夜に緊急会見を行ったベッキーは、交際の事実を完全否定。「週刊文春」によれば、双方の事務所関係者は川谷の離婚が成立するまで川谷とベッキーを会わせないという方針で合意したものの、当人同士は水面下で連絡を取り合っているという。大手芸能事務所関係者が語る。

「片岡愛之助と藤原紀香のように、片岡の浮気騒動について話し合いをしている間に絆が深まり交際に至ったという言い訳もできなくはありませんが、かなり無理がありますね。愛之助と紀香の所属事務所は強引にマスコミ報道を誘導するくらいの力とノウハウを持っていますが、ベッキーの所属事務所は老舗ではありますが、メディアに根回しひとつできない。さらに、愛之助が一時、交際を公言していた熊切あさ美と藤原を二股にかけていたという報道が広がったものの、愛之助は独身ゆえに痛手は限定的でした。一方、川谷とベッキーは不倫。イメージ悪化を懸念して、すでに複数のCMスポンサーがベッキーから離れたことからも明らかなように、特に女性タレントにとって不倫は致命的といえます」

 不倫騒動の余波は当分続きそうである。
(文=編集部)