NEW

胸揉まれ&鼻フックの篠原涼子、滑舌よかったDAIGO…必死でキャラ変更した芸能人たち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 2015年11月、タレントのローラがバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、トレードマークの“OKポーズ”を控えていることについて「ちょっと恥ずかしくなった」と発言したことが話題になった。


 これは、父親が逮捕されて有罪判決を受けたことが影響しているとの見方もあるが、女優業への進出や料理本の出版など、マルチな活躍を見せるローラだけに、キャラクターの変更を図っているともいわれる。

 また、09年末に「こりん星のりんごももか姫」というキャラ設定の終了を宣言した小倉優子も、やはり昨年、「素の自分とかけ離れたお姫様キャラを演じ続けることに、ストレスと行き詰まりを感じた」と明かしている。

 こうした芸能人の“キャラ変”の裏側には、どんな事情があるのだろうか。以下に、過去と現在で大きくキャラが変わったタレントたちを紹介しよう。

キラキラの王子様キャラだったDAIGO


 まずは、女優・北川景子との結婚が話題になり、タレント・ミュージシャンとして活躍するDAIGOだ。今でこそ、革手袋をつけた両手を交差させる“ウィッシュポーズ”や「正直……」から始まる独特の口調で人気だが、デビュー当時は「宇宙から舞い降りたロック王子」という、なんとも恥ずかしいキャッチフレーズだった。音楽誌のライターが語る。

「DAIGOは01~07年まで『DAIGO☆STARDUST』という名前で、ソロ歌手として活動していました。当時のDAIGOは今とは別人で、キラキラのスパンコールに扇状に広がる袖の衣装が代名詞の“王子様キャラ”でした。ファンと触れ合う際には『スペイシー・ハグ』『スペイシー・よちよち』など、自分の動作にすべて『スペイシー』を付け、いちいち声に出してやっていたのです」

 当時のDAIGOは、ライブのMCでは滑舌よく早口で話すなど、話し方も現在とはまったく違っていたという。

天然ボケでセクハラされるキャラだった篠原涼子


 一方、最初は天然ボケキャラだったのに、いつの間にか「カッコいい女」になっていたのが女優・篠原涼子である。テレビ雑誌の編集者は、昔の篠原についてこう語る。

「今や知らない人も多いと思いますが、もともと篠原はアイドルグループ『東京パフォーマンスドール』の初期メンバーで、コント番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)で知名度を上げました。

 篠原は1991年の放送開始からレギュラー出演しており、当時は完全に“天然キャラ”でした。さらに、アイドルながら毎回のようにタレント・YOUと共にダウンタウンの浜田雅功に胸をもまれ、“鼻フック”されるなどの汚れ役をこなすことで人気者になったのです」