NEW

「墜落しても乗客が死なない旅客機」の構造が画期的すぎる! 客室を丸ごと放出!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 現代人にとって、もはや航空機は欠かせない移動手段となっている。しかし、墜落事故のことを考えると、どうしても別の交通機関を選んでしまう――そんな“飛行機嫌い”の読者もいるかもしれない。実際のところ、墜落事故に遭遇する確率は自動車事故よりもはるかに低いものだが、それでもひとたび起きれば、ほぼ乗客全員が見るも無残な死に方で命を落とすため恐怖が増幅される面もあるのだろう。

 しかし、墜落事故で一度に多数の乗客が死亡する、そんな時代もついに終わりを迎えるかもしれない。ウクライナの航空機エンジニアであるウラジーミル・タタレンコ氏が、これまで誰も思いつかなかった(?)画期的な旅客機を構想して発表、英紙「Independent」をはじめとする海外メディアを沸かせている。

続きは【トカナ】で読む