NEW

名優・二宮和也の演技がヤバすぎる!絶賛の嵐「嵐である前に役者」「落語がプロ以上」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤めだか 公式HP」より
 ここしばらく、テレビドラマから遠ざかっていた二宮和也(嵐)がこの年末年始にかけて2つのスペシャルドラマで主演を務めた。昨年12月28日に放送された『赤めだか』(TBS系)と、1月3日放送の『坊っちゃん』(フジテレビ系)だ。


 二宮出演のドラマといえば、昨年1月11・12日に放送された、フジテレビ開局55周年特別企画『オリエント急行殺人事件』以来、約1年ぶり。主演となると、14年4月期の連続ドラマ『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)以来である。

『赤めだか』は落語家・立川談志の弟子で“最もチケットが取れない落語家”とも称される立川談春の同名エッセーが原作。ドラマでは、談志(ビートたけし)に憧れて弟子入りした談春(二宮)が、苦労を強いられながらも“二ツ目”昇進を目指した姿が描かれた。
 
 一方、『坊っちゃん』は夏目漱石の同名小説が原作で、今年で漱石没後100年となることからドラマ化された。親譲りの無鉄砲と真っ直ぐ過ぎる性格で、子どもの頃から問題ばかり起こし、周囲からいつも問題児として扱われてきた坊っちゃん(二宮)が、愛媛・松山の旧制中学校に教師として赴任。その性格がアダとなり、同僚教師や生徒ともとんとうまくいかなかった。だが、ずるいことが許せない坊っちゃんの快刀乱麻な大暴れが、学校を変えていくという展開。

 その視聴率は、『赤めだか』が10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『坊っちゃん』が10.4%とかろうじて2ケタに乗せる結果となった。二宮といえば、直近の主演ドラマ『弱くても勝てます~』は全話平均9.9%で1ケタ台に終わっており、今回も大成功といえる視聴率には届かなかった。

 しかし、二宮の演技について評価は上々。一般視聴者の声やインターネット上での評価を総合すると、幅広い年齢層の人々から以下のような絶賛の声が上がっている。

「予想以上に良かった」
「落語がプロ以上」
「アイドル・嵐である前に役者だと感じた」
「左利きの二宮が、箸やチョークを右手で持っていて役者魂を感じた」
「演技に安定感とひらめきがあって良かった」

 作品に恵まれた感もあるが、俳優としての評価を高めるかたちとなった二宮。ドラマの主演を務める俳優は、視聴率が悪ければその責任を負わされるかのように批判を浴びるのが常。それゆえ、所属するジャニーズ事務所も慎重になりがちだという。であれば、主役にこだわらなくてもよいかもしれない。「二宮の演技をもっと見たい」と思った視聴者は、少なくないのだから。
(文=森田英雄)