NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

キッザニアがヤバすぎる!90種も職業体験で子ども狂喜乱舞&劇的変化…1千万人が来場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数ある経済ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

 3~15歳までの子どもが多くの職業を体験できる「キッザニア」というテーマパークがある。2006年の開業直後から大人気となり、多くのメディアが取り上げたのでご存じの人も多いだろう。読者のなかにも、自分の子どもや知人が体験した人がいるかもしれない。

 10年目に入り、最近はメディアが取り上げる機会は減ったが、依然として高い人気を保つ優良コンテンツだ。今回はそのモノづくりやコトづくり、人材開発の視点から考えてみたい。

約90種類の職業が自由に体験できる

 日本国内には06年10月に開業した「キッザニア東京」(東京都江東区)と、09年3月に開業した「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)の2施設がある。両施設ともに完全入れ替え制で、第1部が9~15時の6時間、第2部が16~21時までの5時間を施設内で過ごすことができる。

 いずれも約1800坪の敷地面積の中に60ほどのパビリオンがあり、体験できるアクティビティは約90種類ある。昨年度(14年4月~15年3月)の来場者数は東京が約85万人、甲子園が約75万人となっており、開業以来の累計来場者数は1150万人に達した。

 入場すると、目の前に広がるのは現実社会の約3分の2の街並みだ。実在する企業がスポンサーとなったパビリオンが並び、1回20~35分、さまざまな職業が体験できる。

 たとえば「ピザショップ」(出展企業はフォーシーズ)では、ピザ職人となってピザをつくり終了後に食べることができる。「飛行機」(同ANA)ではパイロットとなって操縦訓練を受けたり、キャビンアテンダントとして乗客への機内食サービスなどを担当する。

 また「消防署」(同アメリカンホーム・ダイレクト)では消防士となり、火災発生の知らせを受けて防火服に着替え、消防車で現場に急行する。電気で視覚的につくった炎に包まれた建物に向けて放水して消火活動を行う。ほかにも理容師、ガソリンスタンドのサービススタッフ、宅配便のセールスドライバー、ファッションモデル、マンガ家など、多種多彩な職業が用意されている。実在の建物を模した街並みの中で、実際の職業を体験できるのが特徴だ。

 キッザニアを運営するKCJ GROUP株式会社・経営企画本部・ブランド管理部長兼広報部長の関口陽介氏は、次のように説明する。