NEW

『妖怪ウォッチ』はそのまま『YO-KAI WATCH』! アメリカにおける『YO-KAI WATCH』事情

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 2016年に入ってから『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が3週連続1位。先週末の土日2日間は動員23万6219人、興収3億8726万5900円とさすがに一時の勢いは落ちてきたが、累計興収で90億を突破。近年の年間興収1位作品の一つの基準と言える100億超を確実のものとした。

 2位は引き続き『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』。こちらは土日2日間で動員13万7368人、興収1億5968万8300円。累計興収は50億円を突破。昨年の年間興収3位、累計興収78億の前作には届かないものの、一部で「ブームは去った」と囁かれていた前評判を覆すには十分な結果で、今年12月公開の3作目にも大きな期待を寄せることができる成績だ。

続きはこちら