NEW

70年間、無人にもかかわらず家賃が払われ続けた「時が止まった部屋」の秘密=パリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】


 これは、2010年に起きた事件で、海外で話題になったものの、日本ではほとんど語られることがなかった、第二次世界大戦の悲劇から生まれたとても素敵な話である。

 2010年、パリの古いアパートを離れてから70年間、無人の部屋に家賃を払い続け一度も訪れることがなかった、借り主の女性が息を引き取った。戦前からずっと手付かずのまま時を止めたその部屋は、まさにタイムカプセル。古き良きパリの香りと共に出てきた品々は調査団を驚愕させることになった……。

続きは【トカナ】で読む