NEW

SMAP謝罪、フジが報道番組で報道削り番宣連発…ファン逆なでツイートで批判殺到

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ(「Thinkstock」より)
 1月18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で放送された“生謝罪”によって、SMAP解散騒動は一応の収束を見せつつある。しかし、その裏でフジテレビがまたもや“炎上”していた。


 フジは『SMAP×SMAP』放送前のニュース番組で「SMAPメンバー全員が緊急生出演する」といった告知を繰り返し行った。これについて、「いくらなんでもはしゃぎすぎ」「全力でこの騒動に乗っかろうという姿勢が見て取れる」「やりすぎ」などという声が噴出したのだ。テレビ局関係者が語る。

「SMAP解散騒動はNHKでも報じられましたし、初めて5人そろって口を開くとなれば国民的な関心を集めることは必至のため、その気持ちはわからないでもありません。ただ、数日前に長野県の軽井沢でバスが転落する大事故があったばかりで、この日も同事故関連の続報が社会的にはトップニュースでした。そうしたニュースの時間を削ってまで、自局の“番宣”を行う必要があったのかは疑問です」(テレビ局関係者)

 フジの熱心な告知もあってか、『SMAP×SMAP』は瞬間最高視聴率37.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、平均視聴率31.2%(同)を記録。視聴率下落が止まらないフジにとっては、久々の朗報となったに違いない。しかし、その後の行動がファンの逆鱗に触れたようだ。

『SMAP×SMAP』放送終了後、『めざましテレビ』の公式ツイッターアカウントが「みなさん!SMAP×SMAPはご覧になりましたでしょうか?ここでみなさんからSMAPの生会見の感想やSMAPへのメッセージを募集します。『#めざましテレビ』を付けてツイートしてください。よろしくお願いいたします!」と呼びかけたのだ。

 ただでさえ、異様な雰囲気の謝罪放送に対して「ジャニーズ事務所が強制したのではないか」「ファンに対しての言葉がなかった」「メンバーが納得していないのが明らか」といった意見が渦巻いていた。

 そのなかで投稿された『めざまし』の軽いノリでの意見募集に、ファンからは「あの放送を観たら、ファンが冷静な気持ちで感想を書けるわけがない。SMAPをとことん利用する姿勢に憤りを感じる」(40代女性)、「まだ混乱しているなかであのツイートを見て、怒りを覚えた。あの放送直後に、ファンが素直な応援コメントを書けるわけがないのに。いったい何を求めていたんだろう」(30代女性)といった声が上がっている。