NEW

絶望のフジテレビ…カトパン酷使で退社、下請けに異常な経費削減要求 テレ東にも敗北…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤綾子アナ
 1月22日、フジテレビ加藤綾子アナウンサーが4月末に同社を退社することが発表された。


 この日、加藤アナはメインキャスターを務める『めざましテレビ』で、「入社した2008年から『めざましテレビ』を担当させていただきまして、2011年の10月からは毎日出演させていただいたこの番組を、このたび離れることとなりました。あと2カ月ちょっと、4月1日まではこれまで通りがんばりますので、みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします」と、同番組から卒業することを発表した。

 その後、フジは加藤アナが4月いっぱいで退社、『めざまし』以外のレギュラー番組については5月以降も引き続き出演する予定であることを発表した。かねてから噂されていた加藤アナの退社については、昨年7月にも「9月で退社」と報じられ、フジの亀山千広社長が否定する騒動になっていた。

 いよいよ現実となった人気者・加藤アナの流出は、フジにとって相当な痛手に違いないだろう。

「フジは11年に7年続いた年間視聴率3冠の座を逸し、日本テレビやテレビ朝日の後塵を拝してきました。それ以降、視聴率下落が止まらないフジは番組の制作費を軒並み削っており、5年前と比べて20%以上削減したケースもあります。予算縮少はテレビ業界全体的な流れではありますが、さらに最近のフジは制作会社などの下請けに無茶な要求をするなど、業界内の評判も芳しくありません。ビジネス誌の『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)には『王者フジはなぜ凋落したか』という特集を組まれる始末です。

 同誌も報じていましたが、テレビ東京の人気ドラマ『孤独のグルメ』シリーズは、もともとフジサンケイグループの出版社の雑誌で連載されていたため、当初はフジでドラマ化する動きがありました。しかし、幹部が『面白くないから』という理由で却下、結果的にテレ東で放送されたのです。みすみす人気コンテンツを逃すフジ上層部の眼力のなさは、もはや業界内でお笑い種になっています。当然、社内の空気は険悪で、現場からは『上は何もわかってない』『センスのなさが絶望的』と不満が渦巻いています」(テレビ局関係者)

視聴者「これでフジを観る理由がなくなった」


 そんなフジにとって、「唯一の希望といえるのが、加藤アナの存在だった」と語るのは、週刊誌記者だ。