NEW

北川景子、山Pとのキス写真流出…華麗なる男性遍歴

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 1月11日、ついにDAIGO北川景子のビッグカップルが結婚した――。


 同日、近年では珍しく金屏風を背にして“2ショット結婚会見”を行い、これが人々の好感を得ているようだ。

 クールビューティーな容姿で自ら「男っぽい性格」と評する北川は、兵庫・神戸市出身で祖父が医師という家系のお嬢様育ち。中高とエスカレーター式の女子校で、高校は理系に進学。本人も高2でモデルにスカウトされるまで「将来の夢は医師」というほどの優等生だった。テレビ局関係者は語る。

「北川はスカウトがきっかけで17歳で単身上京してからは、やや弾けすぎてしまった時代もありました。一時は“共演者キラー”と称されたほどで、報じられただけでも山下智久、木村了、細田よしひこ、向井理、斎藤佑樹、城田優、玉木宏、松本潤、上地雄輔などと浮き名を流してきました。また、北川は飲み会が大好きで、打ち上げなどの出席率は高く、酔うと男性にしなだれることもしばしば。そうした行動が原因で、共演者と交際を噂されることも多かったのです」

 そんな熱愛報道も多かった北川だが、特に山下智久との関係は深かったという。北川に親しい知人が語る。

「当時アイドルとして人気絶好調だった山下さんと景子ちゃんのキス写真が報じられました。当時の景子ちゃんは山P(山下の愛称)にベタ惚れでした。普段はサバサバした男っぽい性格ですが、恋愛となるととにかく男に弱い。惚れた男に流されやすいタイプなんです。交際当時は山Pに合わせて、景子ちゃんも日頃のメークやファッション、しゃべり方などがギャル風でした。景子ちゃんは成績優秀だったので、本当ならもっといい大学に進学できたのですが、大好きな山ピーを追いかけてAO入試で同じ明治大学に進学したのです」

 そんな北川もついに結婚。結婚会見中も終始飛ばし続けていたDAIGOへの熱視線が印象的だった。現場にいた取材陣も「DAIGOさんよりも北川さんのほうがメロメロという感じに見えましたね。それが微笑ましくて好感が持てましたよ」というほど。前出・知人も語る。

「DAIGOさんと知り合って本当に良かったと、みんな喜んでいます。しっかり者の景子ちゃんですが、男に流されるところがあるので、身近な人はみんな少し心配していました。でも、DAIGOさんなら大丈夫。元総理大臣のお孫さんという家柄はもちろんですが、人柄も最高に良い方。ご本人は『フワッとしてる』とおっしゃっていましたが、景子ちゃんの話を聞いていると、頼りがいのある男らしい人みたいです。男性に尽くすタイプの景子ちゃんにはピッタリだと思います」

 すっかりDAIGO色に染まった北川――。今後よりいっそう魅力が深まりそうだ。
(文=編集部)