NEW

「ジョニー・デップの演技には驚嘆した」ジョエル・エドガートンが『ブラック・スキャンダル』での共演を振り返る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 ジョニー・デップ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョエル・エドガートン、ケビン・ベーコン、ダコタ・ジョンソンら実力派俳優が集結し、1975年に起こった、FBI史上最悪の汚職事件を描いた『ブラック・スキャンダル』が1月30日に公開される。

 ギャング、FBI捜査官、政治家ーー。米ボストンのサウシーというコミュニティで育った幼馴染の3人が、それぞれの分野で権力や名声を得ようと、互いに手を組む模様を描いたクライム・サスペンスだ。リアルサウンド映画部では、先日アップしたスコット・クーパー監督のインタビュー(「できるだけ容赦なく、冷淡に」スコット・クーパー監督が語る『ブラック・スキャンダル』のギャング描写)に続いて、FBI捜査官でありながら、ギャングのボスであるジェームズ・"ホワイティ"・バルジャーと密約を交わし、悪の道に陥っていくジョン・コノリーを演じたジョエル・エドガートンに電話取材を行った。『ウォーリアー』や『ディーン、君がいた瞬間(とき)』などに出演し、2015年には『The Gift(原題)』で長編監督デビューも果たしたエドガートン。今作での役作りや、スコット・クーパー監督の演出などについて話をうかがった。

続きはこちら