NEW

ヤマダ電機、自慢の異例ずくめ新店舗が残念すぎる!全然安くない?戦国武将の刀や兜も…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマダ電機の新店舗「Concept LABI TOKYO」
 広いフロアに所狭しと並ぶ家電、お得感を前面に打ち出したポップや値札――。家電量販店の印象といえば、おおむねそんなところだろう。しかし近年、従来のイメージを覆すような新形態の店舗が次々と出店されている。


 なかでも、2015年10月に東京駅八重洲口にオープンして話題となっているのが、ヤマダ電機の新店舗「Concept LABI TOKYO」だ。地下1階、地上10階、売り場面積2000平方メートルという規模もさることながら、注目すべきは同店が「最先端のコンセプトを発信するフラッグシップ店舗」(山田昇社長)と位置づけられていることだ。

 そんな「Concept LABI」はどんな店なのか。実際に足を運んでみた。

高級家電から戦国武将の兜、ランドセルまで!


「Concept LABI」は、東京駅八重洲口から徒歩3分弱という好立地にある。まず目を引くのが、店舗正面の壁にある「Apple」のロゴだ。1階フロアはすべてアップル製品の売り場になっていて、一瞬「ここはアップルストアか?」と思ってしまうほどだ。

 従来の家電量販店では、1階には携帯電話の売り場を置くのが一般的で、池袋にあるヤマダの「LABI1日本総本店」も、1階の大半を占めているのはスマートフォン(スマホ)やデジタルカメラだ。アップル製品のみのフロアがある家電量販店は、今のところ「Concept LABI」以外にないだろう。

まるでアップルストアのような1階フロア
「Concept LABI」では、スマホの売り場は2階にある。ドコモやauなどの各キャリアがカウンターを構え、ブースには販売員が待機しており、家電量販店としては珍しい対面販売となっている。

 3階はソニーとパナソニック専用のフロアになっており、一つひとつの商品の売り場面積が広く、内装もまるでショールームのようだ。この日も、4Kテレビの前に置かれたソファに座りながら、店員から製品の説明を受けている客がいた。

 4階も同じく液晶テレビやオーディオ類で、5階は高級デジカメなどが並ぶ。なかでも目立つのが、木目調の床で統一された「高級家電」のコーナーだ。30万円以上もするエスプレッソマシンなどが陳列され、もはや家電量販店というより「展示会」に近い。

5階の高級家電コーナー
 6階はインバウンド(海外からの訪日客)向けとなっており、温水洗浄便座や炊飯器、美容家電、化粧品など、海外で人気の商品がズラリと並んでいる。パネルによる商品説明は中国語で、この日も「快速浄化PM2.5」と書かれた空気清浄機を中国人観光客が購入していた。
中国語で商品説明が書かれた温水洗浄便座