NEW

“夜回り先生”がジャニーズ幹部に「SMAPを奴隷にしている」と怒りのブログ! 批判を禁句にするテレビの実態も指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

mizutani_160121_top.jpg
水谷修『夜回り先生いのちの授業』(日本評論社)


 SMAP解散問題は、ジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長の専横がまかり通り、中居正広ら4人のメンバーが謝罪させられるという、なんともグロテスクな結末を迎えたが、芸能マスコミはまったく逆の報道を展開している。

 スポーツ紙は飯島マネージャーと4人を罪人扱いし、木村拓哉をSMAPの救世主と絶賛。テレビでは、「SMAP存続よかった」「ひと安心」という害のないコメントが相次いでいる。