NEW

ゲスすぎるベッキー、謝罪会見の裏で不倫相手と堂々と交際継続 多額慰謝料負担の恐れも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッキー
 年明け早々に各メディアで報じられた、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動。昨年10月頃から親交を深めた2人は、今年元日に長崎県の川谷の実家を訪れたという。川谷は既婚者だが、2人が離婚届を「卒論」と呼び、離婚を心待ちにしているようなLINEの内容も報じられた。


 ベッキーは謝罪会見で「お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」と不倫を否定したが、先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)に再び2人のLINEのやり取りが掲載された。それによると、ベッキーは会見前に「友達で押し通す予定!」と発言、川谷も「逆に堂々と(交際)できるキッカケになるかも」と書いており、2人は週刊誌の報道に感謝するような発言もしている。

 仮にこのやり取りが事実であれば、ベッキーの「ただの友達であって、不倫ではない」という弁解は少々苦しいものといわざるを得ない。会見という公の場で嘘をついたことにもなりかねない事態に、インターネット上の一部では「嘘つきベッキー」「ゲスすぎる」「これで認めないほうが不自然」という声も上がっている。

 仮にベッキーが会見で嘘をついていた場合、法的責任を問われることはないのだろうか。弁護士法人ALG&Associatesの榎本啓祐弁護士は、以下のように解説する。

「嘘をつくことで他人にお金を払わせたり、損害を与えたりした場合は、嘘をついた人に法的責任が生じる可能性があります。しかし、法廷での証言など例外的な場合を除き、嘘をつくこと自体で犯罪が成立することはありません。また、嘘をつくことで直ちに民事上の違法性が認められるわけでもありません。

 ベッキーさんの会見での発言が不倫関係を完全に否定したものかどうかは微妙なところですが、仮に芸能人が公の場で嘘をついても、それにより直ちに犯罪行為が成立したり、違法性が認められたりすることはないのです。

 しかし、川谷氏の妻の心情としては、2人が最初から不倫関係を認めて真摯に反省の態度を示した場合よりも、不倫関係を隠し続けていたにもかかわらず、後に証拠が出てきたことなどにより関係が明らかになった場合のほうが、『納得できない』という思いが強くなることが考えられます。

 このような思いは、法的には精神的損害として考慮される可能性があります。そのため、今後裁判などにおいて、川谷氏の妻が夫の不貞行為を理由に慰謝料を請求することになった場合は、ベッキーさんが不倫関係を否定していたことによって、その金額が大きくなる可能性もあります」