NEW

広瀬すず、清純派から実力派へ 『怪盗 山猫』に見る演技の変化を考察

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 2015年にもっとも躍進を遂げた女優のひとりである広瀬すずに対し、青春期特有の瑞々しさから“清純派女優”というイメージを抱く人々は少なくないだろう。だが、果たして本当にそうだろうか?

 たしかに、ドラマ初主演作『学校のカイダン』で演じた春菜ツバメ役は、生徒会長の役目を半ば強引に押しつけられ、そのなかでも奮闘するというものだったし、第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した『海街diary』での浅野すず役は、思春期ならではの屈折した心情を上手く表現していたものの、それもまた純粋さの表れとして捉えられるものだった。こうした役柄を演じたことが、親しみやすいなだらかな人物像の形成に繋がると同時に、イメージを固定化していったのだと思う。

 しかし、彼女を単に“清純派女優”として括るのは、少し違うのではないか。筆者がこのことを強く実感したのは、日本テレビで1月16日から放送中のドラマ、『怪盗 山猫』第1話を観たときだ。このドラマで広瀬は、高杉真央役を演じている。学校では同級生からのいじめを受けるなど孤独感に苛まれているが、実は“魔王”なる通り名で世間を賑わせる天才ハッカーの高校生という設定。内向的な性格で、あまり感情を表に出さないのも特徴だ。

続きはこちら