NEW

スピルバーグ、ハワード、ゼメキスーー ハリウッド大御所の新作「軒並み総倒れ」状態を考える

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 2015年の年末から2016年の年始にかけて、東宝、松竹、東映の邦画メジャー3社が発表した2016年の公開作品ラインナップ。それを眺めていて驚かされたのは、1998年公開の『踊る大捜査線 THE MOVIE』をきっかけとして、この17年間あれだけ量産されてきたテレビドラマの映画化作品が、1月公開の『信長協奏曲』(東宝)と、テレビドラマが放送されていたのは約30年前の『あぶない刑事』(東映)、そのたった2本しか予定されていないことだった。つまり、少なくとも現在発表されている範囲では、2016年2月以降は、テレビドラマ映画化作品が1本も新作公開されないということになる。時代は変わるものだ。

 その2本のうちの1本、『信長協奏曲』が全国325スクリーンで公開された先週末。土日2日間の動員は46万5956人、興収は6億1598万8400円といずれも堂々1位。この数字をもって、「なんだ、まだテレビドラマ映画もいけるじゃないか」と思う人がいても無理はない。しかし、近年のテレビドラマ映画化作品で大ヒットした作品のほとんどが、その元となったテレビドラマの放送から10年近く経ってからの続編映画や続々編映画であることをふまえると、やはり『信長協奏曲』のヒットはあくまでも例外的な出来事と言うべきだろう。

続きはこちら