NEW

多忙に加えて給料ダウン、接待疲れも…、カトパンが凋落フジを見限った理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160127_katopan.jpg

「亀山千広社長から直々にメールが加藤アナのもとに送られてきたようです。セキュリティの関係上、デスク上のパソコンでしかメールを見ることができないのですが、そのメールを読み終わると、『ふぅ~』と深いため息をついて、物憂げな表情で外へ出ていきました」

 フジテレビ関係者が、こう明かすのは加藤綾子アナの近況だ。 加藤アナといえば、その美貌で抜群のプロポーションで複数の民放各局の女子アナ試験に合格した“スーパー綾子”として、フジ入社前から注目を集めた。

 その後は、“カトパン”の愛称で人気を集めて、看板アナとして同局の顔とも言える存在になっていたが、2012年から司会を務めてきた「めざましテレビ」を今年3月いっぱいで卒業。4月末にフジを退社し、フリー転向を明らかにした。

 フジ退社後は、篠原涼子や谷原章介らが所属する芸能事務所の「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属する。

「メールの内容までは分かりませんでしたが、かなりの長文でした。昨年、フジが赤字に転落してから、亀山さんは社長室にこもり切りで、あまり現場に顔を見せない。重責を担う社員には、メールで指示を出すのが通例になっていて、加藤アナにも『今年も頑張ろう!』といった主旨のメールを送ったようです」(同関係者)

 昨年7月、一部スポーツ紙が加藤アナの「退社」を報じた際、火消しに動いたのも亀山社長だった。 定例となっている社長会見では、加藤アナと“メル友”であることを明かしたうえで、2人の関係の強さをアピールした。