NEW

映画の“高所恐怖”表現はどう進化したか? 『ロイドの要心無用』から『ザ・ウォーク』への系譜

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1974年、ニューヨークに完成して間もないワールドトレードセンターに忍び込み、このツインタワーの屋上の間に張ったワイヤーの上を、「綱渡り」で横断するという無謀な挑戦をしたのが、実在する大道芸人フィリップ・プティだ。『ザ・ウォーク』は、彼の命がけの綱渡りの顛末を描く、実話を基にしたスリリングな映画である。

 この作品、高層ビルの間を渡る高所表現のこわさに、「足がすくんだ」、「手から変な汗が大量に出た」などと語る観客が非常に多いのが面白い。「手に汗握る」と言われるように、人間の体は極度の緊張状態にさらされると、手のひらから発汗が見られるが、近年のハリウッド映画のスペクタクル表現に慣れきった現代の観客が、一様にこのような状態に陥ったという事実には、素直に「すごい」と言わざるを得ない。さらに劇中の、ある物が落下してくる箇所では、私も恥ずかしながら、思わず条件反射で座席から大きく体を避けてしまった。それはあたかも、映画の黎明期に、駅に到着する列車を撮っただけの作品、『ラ・シオタ駅への列車の到着』で、列車にぶつかると思って観客たちが逃げ出そうとしたという真贋不明の伝説を想起させるほどの「原初的映画体験」だと感じさせた、と言っても大げさではないだろう。

続きはこちら