NEW

ジョン・ヒューズ作品はなぜ今も愛され続ける? 80年代を代表する青春映画監督が残したもの

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 80年代を代表する脚本家/監督/プロデューサー、ジョン・ヒューズが残した名作のひとつ『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』が1986年に公開されてから今年で30周年を迎え、2月にアメリカで特別上映されることになった。“ゾイド”と呼ばれる低所得階級の少女アンディ(モリー・リングウォルド)と“リッチー”と呼ばれる富裕層の青年ブレイン(アンドリュー・マッカーシー)、そしてアンディに心を寄せる幼馴染のダッキー(ジョン・クライヤー)の3人の男女の階級差を超えた恋愛事情を描いた秀作として知られ、初公開から30年たった今もなお世代を超えて愛され続けている青春映画だ。

 それまでビリー・ジョエルのミュージック・ビデオや、ヒューズ作品の『すてきな片思い』(84)や『ブレックファスト・クラブ』(85)の予告編を作ってきたハワード・ドイッチにメガホンを譲り、ヒューズ自身は脚本と製作にまわった。また今回の特別上映では、未公開シーンや幻のオリジナル・エンディングも初公開されるという、長年『プリティ・イン・ピンク』を追いかけてきたファンにとっては嬉しい企画だ。10年前にアメリカ本国でリリースされた20周年記念版DVDの特典ドキュメンタリーで明らかになった、リサーチ試写の結果、半年後に再撮影された劇場公開版のエンディングとは全く異なる結末がようやく観られるという。

続きはこちら