NEW

チェコ初の日本人プレイヤー、そしてオーストリア・ナショナルチームへ――“野球発展途上国”でつかんだものとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

アメリカやカナダの独立リーグで活動する現役野球選手である筆者が、同じような境遇にある“野球人”にその挑戦と真意を聞く短期集中連載第2回。大学中退から国内の独立リーグでの経験、そして海外での挫折を味わい、いち社会人となった田久保氏は、再び野球の道へ戻ることを決意する。すでにこの時26歳。そして辿り着いたのは、思いがけない欧州での指導者としての挑戦だった――。

<連載第1回目はコチラ

1602_baseball_2.jpg

 田久保は、新たに決意する。2年近く勤めていた会社を退職。再び、野球界でキャリアアップしていく道を選んだのだった。社内での営業成績は優秀だった。もし、野球をまた離れることになっても、営業の仕事に戻れる自信もある。身に着けたスキルが、いざとなったら身を守ってくれるだろう。

 26歳で、田久保は現役復帰を果たした。関西独立リーグ──2009年に先行する二つのリーグ(四国アイランドリーグ・BCリーグ)に追随する形で発足──のコリア・ヘチに入団。まず取り組んだのは、野球選手としてのスタイルを完全に変えることだった。常々、野球で新たなキャリアを築くには、人と同じことをしていてはいけないと感じていたからだ。

「無名だけど、自分を見に来る人が毎試合5000人いるとしたら、プロ野球だって興行的に自分を獲得するよなぁとか考えたりしてた。だから、ブログや個人メディアの強化(SNSの利用やホームページの作成など)に取り組んだんだ」

 田久保には、渡米当初からお世話になっている人物がいた。現在、アメリカ独立リーグで、監督やコーチを歴任している三好貴士である。現役時代、バット一本で、海外を渡り歩いた経歴を持つ。三好も一度は野球を諦め、社会人として3年ほど働いていた。だが、それまで培ってきたスキルや経験を、海外を目指す若者たちに還元するため、野球の道へ戻ってきた。BMI(Baseball Management Inc.)という会社を立ち上げ、海外での監督・コーチだけでなく、国内でも個人レッスンや、海外に挑戦する選手のマネジメント、海外リーグへの斡旋などを行っている。

 田久保が三好と初めて出会った時、三好もまだ現役の選手だった。海外事情を全く知らない田久保を一からサポートしてくれた。田久保も三好に信頼を寄せ、そのアドバイスを行動の指針にしてきた。三好自身、海外野球を通して、苦労を重ねてきた経験がある。入団したチームの消滅や解雇など、海外野球の厳しさを散々味わってきた。だからこそ、かつての自分を投影し、田久保の可能性に惹かれていたのかもしれない。

 独立リーグは、給料だけでは生活が成り立たない選手がほとんどである。田久保は野球選手としての強みを最大限生かすために、オリジナルのキャリアを積み重ね始める。三好の協力の下、オフシーズンには小中学生を対象とした野球レッスン、あるいは、繊維メーカーと連携し、選手自身をモデルにしたオリジナルTシャツの制作・販売など、幅広い活動を展開した。また、海外を中心に活躍する仲間と共に、東日本大震災復興チャリティーマッチといったイベントの企画・運営にも積極的に関わっている。

「だけど、本当に多くのことを、色々試行錯誤してやってきたけど、俺は日本のプロ野球から選ばれる人材ではなかった」

 現役復帰してから3年、関西独立リーグから始まり、アメリカ独立リーグ、オーストラリアのクラブリーグ、韓国独立リーグと、さまざまな国を渡り歩く。応援してくれる人も増え、技術も格段に上がった。だが、30歳を目前に控えた男に、プロ野球という壁は高く立ちはだかったままだった。

「サイゾーpremium」で続きを読む