NEW

日本国内興収100億突破を機に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』世界興行を総括する

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 前週に引き続き『信長協奏曲』が先週末も1位。驚くのは前週動員比。全国324スクリーンで土日2日間の動員46万1321人(興収6億412万2100円)という数字は、公開週だった前週の99%。まったく落ちていない!

 2位につけたのは、テレビドラマ放送開始から30年、劇場版としては約10年ぶり7作目となる『さらば あぶない刑事』。全国252スクリーンで公開され、土日2日間で動員21万7273人、興収2億9119万1700円。劇場版1作目の累計興収26億はさすがに遠い目標だが、興収10億以下となった4作目以降の流れを断ち切って、久々に興収10億以上が見込めるスマッシュヒットとなった。ちなみに、本作のポスターのアート・ディレクションを手がけているのはあの佐野研二郎氏である。

 3位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は前週動員比96%と、前週に首位から陥落したものの安定期に突入。累計興収も無事(?)100億円を突破。洋画/邦画を含めて国内で興収100億円を超えたのは『アナと雪の女王』以来2年ぶり、実写作品としては『アリス・イン・ワンダーランド』以来約6年ぶりということになるが、累計興収255億の前者はもちろんのこと、118億の後者を超えられるかも微妙な趨勢だ。

続きはこちら