NEW

福山雅治、月9ドラマ『ラヴソング』はターニングポイント作に? 役者キャリアから探る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 福山雅治が4月から放送が開始される月9ドラマ『ラヴソング』に、44歳のプロミュージシャン役として主演することが発表された。テレビドラマ『ガリレオ』シリーズや映画『そして父になる』などの作品でも主演を務め、昨今は役者としても高い評価を受ける福山雅治は、なぜ今回、自身と重なるような役柄で3年ぶりにドラマ主演を果たすことになったのか。その背景をドラマ評論家の成馬零一氏に聞いた。

「これまで福山雅治は、ラジオなどで知られる親しみやすい気さくな人柄とは切り離したかたちで、“クールな二枚目”役を中心に演じてきました。『ひとつ屋根の下』など、90年代から数多くのヒット作にも出演していますが、福山さん自身のキャラクターを反映しているというよりも、物語を華やかにするような役柄だったと思います。世間での印象も“ミュージシャン兼役者”という感じで、スター性の強い役者という立ち位置だったといえるでしょう。『ガリレオ』シリーズの劇場版『容疑者Xの献身』でも、主演の福山やヒロインの柴咲コウは映画の表看板という印象で、実際に演技を評価されたのは共演の堤真一と松雪泰子の方だったと思います」

 しかし、2013年に公開された映画『そして父になる』では、これまでとは異なる演技を見せ、役者として新境地を切り開いた。

続きはこちら