NEW

清原和博容疑者、覚せい剤打ちながらブログに子供への愛情綴る…中居正広もフル活用

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清原和博
 2月2日夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕された。


 警視庁が都内の自宅に家宅捜索に入ったところ、覚せい剤0.1グラムが見つかり、清原容疑者は「私の物に間違いありません」と容疑を認めたという。連行された清原容疑者は、都内の病院で検査後、警視庁に移送された。

 清原容疑者といえば、2014年3月発売の「週刊文春」(文藝春秋)で薬物使用疑惑が報じられ、同年9月に離婚を発表、その後はメディア露出が激減していた。昨年1月に「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)に掲載されたテリー伊藤氏との対談では、「食事はコンビニ弁当」「自決しようと思った」などと語り、持病の糖尿病の治療を放棄していたことも明らかにした。

 4月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)で1年ぶりにテレビ復帰を果たした際には、お遍路として四国八十八カ所の霊場を巡る姿が放送され、8月に出演した『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)では、入れ墨を入れていることは認めたものの、薬物使用については完全否定していた。

 また、最近は昨年11月から開始したブログの内容が「寂しすぎる」「こんな清原見たくない」と話題になっていた。プロ野球を取材しているスポーツライターは、以下のように語る。

「警視庁は1年以上もの内偵捜査を行った結果、今回の強制捜査に踏み切ったようですが、逮捕は野球界にとって最悪のタイミングといわざるを得ません。昨年10月に発覚した野球賭博問題で球界は揺れに揺れ、読売ジャイアンツ(巨人)の現役3選手が解雇および無期失格という異例の事態になりました。そのため、球界を挙げて『再発防止』『健全化』に取り組んでいるところです。

 その巨人の高橋由伸や阪神タイガースの金本知憲などの新人監督をはじめ、セントラル・リーグは全球団の監督が40代となり、フレッシュさをアピールするには絶好の機会です。そして、2月1日には12球団が一斉にキャンプインしました。これから、明るい話題を振りまいていこうとした矢先の逮捕ですから、関係者は『球界にとっては大迷惑』と激怒しています。

 本人は以前から球界復帰を熱望していましたが、これで指導者の道は完全に絶たれました。昨年のテレビ復帰以降はCM出演も再開するなど、タレントとしての仕事は増やしていましたが、タレント生命もほぼ失われたと見ていいでしょう」