NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

「あの白いネコがお腹を出してきたよ!」ネコとオレの素晴らしき日々、そしてネコ万歳

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「お腹ネコ」
【今回取り上げる書籍】 『そでねこ』(チームそでねこ/小学館)


 1月23日にオンエアされた『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で、いかにネコが最近人気かという特集が展開された。番組では、日本国内で飼われているペットの数で、ついにネコがの頭数を上回りそうだと紹介するほか、インターネットの動画再生でもネコの人気が高いこと、さらには海外でも猫カフェが登場するなど、ネコ人気が世界的なものになっていると説明された。

『そでねこ』(チームそでねこ/小学館)
 さらには、もともとネコが好きでもなかった33歳独身男性が、今はネコのために外食もせずさっさと家に帰ってネコと戯れる姿などを紹介し、これでもか! とばかりにネコ人気を伝えるのである。

 そのなかで気になる描写があったのだが、東京・神保町の「姉川書店」でネコ本コーナーをつくったところバカ売れし、今や売り上げの7割をネコ関連本が占めることや、450点ものネコ関連本があることが紹介された。

 だったら出版業界にとって、ネコ本ってどーなのよ? ということを考えてみたい。過去には『猫鍋』や『飛び猫』といった数々のヒット本があるが、今『そでねこ』という種類のネコがいるらしい。飼い主の洋服(ニットやパーカー、コートなどさまざま)の袖から顔を出すネコの写真を掲載しまくったのが本書である。まぁ、呑気な姿ばかりでかわいいネコども続々登場、である。

 オレ自身はまさに前出の33歳独身男性と同じである。昔はネコに関心がなかったが、今はネコが大好きである。その話は最後に書くとして、まずは担当編集者(美女!)に『そでねこ』について聞いてみた。

ネコが出版業界を救う?


――出版業界において、ネコ需要は犬需要よりも高いものなのでしょうか? 昨今では「じゃらん」「Y!mobile」をはじめ、CMにもキャラが立ったネコがたくさん登場していますが、そういった状況はなぜ発生していると思いますか?

担当 これは私だけの意見ではなく、多くのネコ好きが分析していることでもあるのですが、昨今のネコブームはSNSの拡散がもたらしたということに尽きると思っています。犬は散歩もあるし、「うちの子かわいいでしょ?」と不特定多数の人に日常的にアピールできていたと思うのですが、ネコはそうじゃなかった。