NEW

ベッキー騒動に英紙「ガーディアン」がブチ切れ!! 「日本社会は病的」「川谷はズルい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

BeforeAfter_5.jpg
撮影=編集部

 週刊文春が報じ、日本中を騒然とさせたタレント・ベッキー(31)とロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との“不倫スキャンダル”。この騒動によってベッキーは民放のレギュラー全10番組から姿を消し、複数のCM契約も打ち切られ、芸能活動を休業することを余儀なくされた。

 明るく元気なキャラクターもあり、メディアで彼女を見かけない日はないほどの人気絶頂を極めていた最中の大転落。世間は、まるで手のひらを返したかのように大バッシングを開始した。そして今、その余波は海外へと広がり、日本社会や日本人についてのさまざまな議論まで巻き起こっている。今月8日には、英国の大手紙「ガーディアン」が、ベッキー騒動について「日本の芸能界に性差別がはびこっている証拠である」との論調を繰り広げ、大反響を呼んでいるようだ。

続きは【トカナ】で読む