NEW

嵐、ライブ厳重化でファン悲鳴…公演中に強制退場、入場時に顔認証

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット上で数十万円の高額で売買される、嵐のコンサートチケット
 定価数千円のチケット価格がインターネットオークションで数百倍に跳ね上がり、50~60万円の高値で売買される――。


「日本一チケットが取れないアーティスト」といわれる超人気グループ・のコンサートでは、これまでこうした数十万円単位のチケット取引が成立することが珍しくなかった。

 しかし、その嵐が2016年4月から始まるツアーで、入場者がチケット購入者本人であることを識別するための「顔認証システム」を本格的に導入することを発表し、ファンの間で賛否を呼んでいる。チケット価格の高騰は、嵐に限らず人気アーティストなら起こり得る現象であり、一種のステータスともいえる。しかし、なぜ嵐は顔認証の導入に踏み切ったのだろうか。

ファンクラブ会員にも紛れ込む転売屋


 背後に見え隠れするのは、人気アーティストのチケットを最初から転売目的で購入して高額で売りさばく、ダフ屋まがいの「転売屋」の存在だ。例えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は15年11月からネット上での転売が確認されたチケットを無効にする対策を採っているが、それ以前は転売目的で買い占められたチケットの総額は年間10億円にも上ったという。

 不正転売が後を絶たない背景には、ネットオークションなどによる転売を「違法」と言い切れないという事情もある。不特定多数の人々への転売を目的に、路上など公共の場所でチケット売買を行うのは「ダフ屋行為」と呼ばれ、各都道府県の条例で禁じられている。しかし、ネット上の転売は「ダフ屋行為」に該当しないため、取り締まるのが難しい。転売屋はいわゆるグレーゾーンの存在だからこそ、やりたい放題なのだ。

「入手困難なチケットを仕入れるために、転売屋は組織化しているケースも多いです。個人よりも複数で行ったほうが効率的ですから。例えば、彼らはファンクラブ会員のみが応募できるコンサートにも、会員として紛れ込んでいるし、抽選が行われるチケットの場合は家族や友人の名前を借りたり、複数人で応募したりすることで当選率を上げています。また、関係者が小遣いほしさに横流しをしているケースも少なくありません」(音楽業界関係者)

 この状況を健全化するべく、近年は主催者側も転売対策に本腰を入れ始めている。

「アイドルグループのももいろクローバーZは、14年7月に行われた日産スタジアムのライブで、チケット購入時に登録した顔写真を専用機器で照合し、本人かどうかを識別する『顔認証システム』を業界で初めて導入しました。その後、B'zやGLAY、福山雅治など、ほかのアーティストも続々と顔認証を取り入れています」(同)