NEW

一家3人で銀行強盗! 覆面犯の意外な素顔が明かされるとき、人々は家族の絆に涙する――

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――犯罪大国アメリカにおいて、罪の内実を詳らかにする「トゥルー・クライム(実録犯罪物)」は人気コンテンツのひとつ。犯罪者の顔も声もばんばんメディアに登場し、裁判の一部始終すら報道され、人々はそれらをどう思ったか、井戸端会議で口端に上らせる。いったい何がそこまで関心を集めているのか? アメリカ在住のTVディレクターが、凄惨すぎる事件からおマヌケ事件まで、アメリカの茶の間を賑わせたトゥルー・クライムの中身から、彼の国のもうひとつの顔を案内する。

1602_family mug shot.jpg

 昨年12月25日、全米放送のテレビ番組で、ある家族の物語がクリスマスストーリーとして放送された。クリスマスといえば、アメリカでは往年のクリスマス映画の再放送や、ド派手な歌番組などがお茶の間を賑わせている。しかし視聴者が見たのは、テレビカメラの前で号泣する兄と妹の姿だった。彼らは刑務所に収監される受刑者で、テレビ番組の企画のために兄妹が再会した場所、それは拘置所の中だった。

 2012年8月、テキサス州ケイティーの銀行に強盗が押し入った。防犯カメラに映っていたのは、土木作業員が使用するオレンジ色のベストを着用し、サングラスとマスクで顔を覆った2人組の男。そして3カ月後に、2人の逃走を手伝ったとして一人の少女を含む3人が逮捕されると、その正体に全米が驚愕した。逮捕されたのは、ロナルド・スコット・キャット(当時50歳)、ヘイデン・キャット(当時20歳)、アビゲイル・キャット(当時18歳)。彼らは実の親子だったのだ。全米を騒がせた銀行強盗一家の犯行――一体一家に何があったのか?

幸せな家庭の裏で……父が抱えていた葛藤


 父・ロナルドはオレゴン州ポートランドで生まれ育った。ユーモラスで明るい性格だったという彼は学生時代には、その大柄な体格を生かし、フットボールチームに属していた。学生生活を謳歌する中で、同じ高校に通う水泳部のスター選手であったベス・ウォラルと恋に落ちた。2人はやがて交際を始め、高校を卒業するとすぐに結婚をした。

 大学を卒業する頃には、2人の子どもに恵まれた家庭ができていた。長男のヘイデン、そして長女のアビゲイル。家族はポートランドの隣町の一軒家に引っ越し、一家はまさに幸せの絶頂にいた。しかし、悲劇は突然に訪れる。1995年、母親であるベスに乳がんが発覚したのだ。約2年の闘病生活の末、ベスは帰らぬ人となった。ヘイデン5歳、アビゲイルは2歳の時の出来事だった。

 最愛の妻に先立たれたロナルドは、悲しみに暮れた。埋められない心の穴に、大量のアルコールを流し込みむようになる。翌年には再婚したが、14カ月という短い期間でその生活も終わった。やがて、飲酒運転が日常化するようになり、断酒を目指したリハビリ生活を余儀なくされた。しかしその効果ははかばかしくなく、そんな状態では当然仕事も安定しない。家賃を滞納するようになったロナルドは、母親の家に子どもたちと共に身を移すこととなった。

 妻を失ってから約3年後、子どもたちは順調に育っていた。だがそれが彼に焦りを与える。子どもの成長にともなって、金銭面で困り始めていたのだ。仕事の安定しない彼にとって、まとまったカネを手に入れることは難しい。そのときロナルドの頭には、子どもの頃、元銀行員であった父親と交わしたある会話が思い浮かんだ。それは、父親が働いていた銀行に強盗が入り、現金を奪われたというエピソードだった。少年時代のロナルドが、「誰も強盗を止めようとしなかったの?」と問いかけると、父親は教えてくれた。父親の銀行では強盗が入った時の為に訓練が行われており、行員は強盗の要求に逆らわないようになっているということ。さらに、銀行はこうした非常時の為に保険に加入しており、盗まれた金額は払い戻されるということ。この会話を思い出したロナルドは決意した。銀行強盗になることを……。

「サイゾーpremium」で続きを読む