NEW

「ベーシックインカム」が適用されると性文化が衰退する! 縛師が語る、最低限所得保障の罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

0212_basic_hon.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「日本を縛る」縛師の結城忠雄だ。よろしく。

 まず、私の経済感覚をお伝えしよう。縛師の仕事がある場合はよいが、例えば旅行をしているときや体調が悪いときなどは、誰かがその仕事の収入を保証してくれるわけではないので、大変困ることになる。

 そのことから「休みの日も収入があればよい」と思うことはあるのだ。もちろん、サラリーマンのように嫌なことを我慢してやっている仕事ではないので、ある程度は仕方がないと諦めがつく。また、われわれには定年がないが、他の人々には定年があるなど、さまざまな部分で違いがあるのだから、その「違い」の中のひとつとして、「休むと収入がない」と考えれば、それまでのことである。

 しかし、昨今政治の世界では「ベーシックインカム(basic income)」などということが言われているようだ。スイスでは実施が検討されたり、オランダの一部都市では試験的に導入されたりしているようで、日本国内においても賛成する議員が与野党ともにいるという。

続きは【トカナ】で読む