NEW

精神科医が喜多嶋舞、中山美穂、紗栄子を徹底分析!「比べる自己愛」を守る芸能人の自己正当化法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

1602nakayamas.jpg
『なぜならやさしいまちがあったから(集英社文庫)

 15年に過去のスキャンダルを掘り起こす形で話題となった喜多嶋舞、中山美穂、紗栄子。自らのスキャンダルを弁明するべく女性誌に掲載された、彼女たちのインタビュー、手記は「自己愛」に満ちあふれていた──!? 精神科医・春日武彦先生に分析を仰いだ。

 彼女たちの自己愛を分析するにあたり、まず考えたいのが「比べる自己愛」についてです。学術用語ではありませんが、自己愛には「比べる自己愛」と「比べない自己愛」があります。「比べる自己愛」とは、常に他者との比較によって保障されるもので、他者に勝ち続けなければ自己肯定ができないという性質のものです。基本的には誰もが「比べる」「比べない」双方の自己愛を持っていますが、その比率が人によって異なり、特に芸能人のような、他者との比較を通じて仕事のモチベーションを高めていくような職業だと、「比べる自己愛」が強くなるわけです。

 この「比べる自己愛」の要素が強い人は、例えば女優なら演技で賞を受賞するとか、時に、女性たちの憧れの的である有名人とのゴシップが出ることも他者に対する勝利の証しとなり、それが自己肯定へとつながります。しかし、世間から非難されるようなスキャンダルが出たり、新人女優に人気を奪われたりと、「比べる自己愛」を守り続けることはなかなか難しい。

 そこで、次善の策として、目立つならばスキャンダル上等! といった作戦に出ます。とりあえず目立てば、あとはそれを自己正当化すればいい。黙殺されるよりマシ。そうやって「比べる自己愛」を死守するんです。

「サイゾーpremium」で続きを読む