NEW

アカデミー賞とラジー賞、それぞれの意義とは? 映画業界における役割を解説

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 毎年、年明けの映画業界をにぎわせるのが、ハリウッドの映画業界の頂点を決めるアカデミー賞授賞式。前年にロサンゼルス地区で一週間以上映画館で上映された作品の中からノミネート作品が選考され、各部門の最優秀賞が決まる。受賞結果が国内外のその後のマーケティングに多大な影響を与えるため、各映画会社は一大キャンペーンを展開し、投票権を持つアカデミー会員に対して必死にアピールする。過去には『アラモ』(60)のジョン・ウェインのように過剰にアピールしすぎて、受賞を逃した名優もいるが(後に『勇気ある追跡』(69)で受賞)、近年はそこまで露骨にアピールする俳優はいない。またオスカー・ノミネーションを受ける為だけに、候補作を12月末に主要都市で限定公開して、年が明けてから拡大公開するというのも常套手段だ。

 そんなアカデミー賞の今年の注目作は、レオナルド・ディカプリオが悲願のオスカー獲得なるかというアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の『レヴェナント~蘇りし者』、そしてアンサンブル演技が絶賛され、前哨戦といわれる全米俳優組合(SAG)賞で作品賞を獲得したトム・マッカーシー監督の『スポットライト 世紀のスクープ』の2本。ダークホースとして、ゴールデングローブ賞のコメディ/ミュージカル部門の作品賞、主演男優賞を制覇したリドリー・スコット監督(なぜか監督賞候補から外されているが)の『オデッセイ』、そして、アクション映画として初の最優秀作品賞獲得となるかが注目されているジョージ・ミラー監督の『マッドマックス 怒りのデスロード』が控えている。

続きはこちら