NEW

中井美穂が明かす人工肛門経験 意識せず便が排出される人工肛門とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

nakaimiho.jpg
オストメイト体験を告白(中井美穂さんの公式ブログより)

 フリーアナウンサー・中井美穂さん(50)が唐突に明かした「人工肛門」経験が、黒柳徹子さんを驚かせた。中井さんは2003年頃、1年間人工肛門で生活していたという。

 「腸が破れる病気(腸膜炎)になりまして、その処置として、腸の傷んだ部分を切って繋げるのですが、大事を取って……」。

 2月15日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』で、人工肛門装着の経緯をそう説明した。

 中井さんの病歴は、2002年夏に子宮筋腫で入院(=筋腫部分を摘出)したことが有名だ。しかし、腸膜炎によって人工肛門を造設したという経験は初告白。

 腸膜炎は翌年の手術で全快したものの、人工肛門を装着。当時、世界陸上の海外取材や温泉レポートもこなしていた事実は徹子さんならずとも驚かざるを得ないプロ根性だ。

前回の出演時は「保有者」だった

 15日の放送では、過去2回分の出演場面もVTR映像で紹介。その2回目が正に2003年に当たり、「ストーマ(人工肛門)を着けた状態でした」と中井さん。