NEW

超問題作『懲罰大陸★USA』の衝撃 70年代モキュメンタリーの特異性に迫る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 映画には「モキュメンタリー」と呼ばれる手法がある。端的に言うならば、ドキュメンタリー形式でフィクションを描く手法だ。「失踪した若者たちが残した記録映像」という体の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト(99)』に代表されるホラーから、『クローバーフィールド/HAKAISHA(08)』『トロールハンター(10)』などの怪獣映画まで、多くのジャンルで取り入れられてきた手法である。近年はここ日本でも、モキュメンタリーの手法を取り入れた心霊ホラー『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズが大いに話題となった。本作、『懲罰大陸★USA(71)』も、そうしたモキュメンタリーの手法を取っている。

 本作の粗筋はシンプルなものだ。ベトナム戦争に揺れる70年代アメリカを舞台に、政府から一方的に反逆罪に問われた若者たちが、「ベアーマウンテン国立お仕置公園」という特殊な刑に参加することを提案される。それは、人間狩りの標的として3日間砂漠を数十キロ歩き、指定の位置にあるアメリカ国旗を目指す刑だ。受刑者たちは警官達から追跡を受け、さらにコースを外れたら即射殺される。しかし、もしも成功すれば、十数年の禁固刑を逃れることができるのだ。そして本作は、懲罰公園に参加する若者たちをテレビ・クルーが密着取材するという形式で語られる。こう書くと、モキュメンタリーの定石通りに思える。しかし、本作は通常のモキュメンタリーとは明らかに異なるスタンスで作られている。それは何か?

続きはこちら