NEW

『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』、若手俳優 “登竜門”としての違いは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 特撮の人気シリーズである『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』に出演した役者たちが、子供たちだけでなく幅広い層から人気を集め、ドラマや映画などで活躍するケースが目立つ。ただし、出演した役者たちがブレイクしていく流れは、『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』では少し異なっている。

 2000年代以降、『仮面ライダー』出身の俳優たちは快進撃を続けている。『仮面ライダークウガ』のオダギリジョーに始まり、賀集利樹、要潤、半田健人、細川茂樹、水嶋ヒロ、佐藤健、瀬戸康史、菅田将暉、福士蒼太など、ライダー経験者にはそうそうたる顔ぶれが並ぶ。さらに、ライダーではなく怪人役でデビューを飾ってブレイクした綾野剛などもいる。

 ライダー経験者がその後、役者としてブレイクする要因のひとつに、『仮面ライダー』シリーズのドラマが持つ奥深さが挙げられるだろう。『仮面ライダー』はもともと、漫画家・石ノ森章太郎氏が“改造人間”をモチーフに、善と悪の狭間で悩む孤独な戦士の戦いを描いた硬派な物語だった。2000年代最初の作品である『クウガ』では、ポリティカル・コレクトネス的な配慮から改造人間という設定はなくなったものの、物語の整合性を重視し、それまでアフレコで入れていたセリフ音声を同録形式に切り替えるなどしてイメージを一新、昭和時代よりもさらにリアルなドラマ性が追求された。

続きはこちら