NEW

Q・タランティーノが、50年前の撮影方式で最新作『ヘイトフル・エイト』を撮った理由

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 クランクイン前にネット上に脚本がリークしてしまった事で、一時は製作中止というアナウンスが配信され、世界中の映画ファンを落胆させたクエンティン・タランティーノの第8回監督作品が紆余曲折を経て無事に完成した。

 前作『ジャンゴ 繋がれざる者』に続く西部劇という事で、マカロニ・ウエスタンの熱狂的なファンとして知られるタランティーノが今度はどんな“タランティーノ流ウエスタン”を見せてくれるのかが注目されていたが、蓋を開けてみると完成した作品は意外にも南北戦争後の真冬の西部を舞台にした密室ミステリーであった。

 タランティーノが熱狂的なシネフィルであることは周知の事実で、タランティーノ自身も新作映画が流れ作業のように封切られては忘れられていくシネコンでの味気ない映画鑑賞には不満を抱いていたに違いない。

続きはこちら