NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

天才外科医が患者を救う…似たような医療ドラマが乱発される、信じがたい理由とは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 この1年だけで、『無痛~診える眼~』(フジテレビ系)、『コウノドリ 命についてのすべてのこと』(TBS系)、『破裂』(NHK)、『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)、『まっしろ』(TBS系)、そして現在も『フラジャイル』(フジテレビ系)と、多くの医療ドラマが放送されている。


 21世紀に入ってから、『白い巨塔』(フジテレビ系)、『救命病棟24時』(同)、『Dr.コトー診療所』(同)、『ブラックジャックによろしく』(TBS系)、『チーム・バチスタの栄光』(フジテレビ系)、『医龍-Team Medical Dragon-』(同)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)など、数々の名作が誕生していたが、このところ、ますます増えているのはなぜだろうか?

 その理由は、「ドラマ界の現状」「制作上の都合」「テレビ局の事情」の3点にあると推察される。やむを得ないものから、テレビ局員の抱える不安まで、その内容は思っている以上に重層的だ。

もう刑事・事件ドラマにはウンザリ?


 ひとつ目の理由は、「ドラマ界の現状」だ。『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)の記録的ロングヒットによって、各局ともに刑事・事件ドラマが増えた。特にここ数年は、刑事・事件ドラマが全体の半数を超えるクールもあるなど、明らかに供給過多の状態だ。そのため、視聴者は人が殺されるシーンや狂気の犯人にすっかり慣れてしまい、さしたる衝撃を感じなくなってしまった。

 だからこその医療ドラマである。「人の命が奪われる」刑事・事件ドラマが毎日放送される中、「人の命を救う」医療モノは、感動とカタルシスが際立つ。「死んでしまうかもしれない」という状況から患者を救う主人公は、ただただカッコよく、ヒーロー性が高い。

 さらに、たとえば主人公が外科医の場合、麻酔科医、内科医、看護師などとチームを組む筋書きの作品も多く、「人の絆を描きやすい」というメリットもある。つまり、スーパーヒーローモノとチームモノの魅力を両立しやすいのが医療ドラマなのだ。

医療モノはキャスティングが“便利な”ドラマ?


 2つ目の理由は、「制作上の都合」だ。医療ドラマは、小説や漫画を原作にしたものが大半で、すでに名作としての評価や販売実績を得ているものも多い。これは一般層に受け入れられていることの証拠であり、少なくともドラマ化にあたって拒絶反応を示される心配はない。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg