NEW

知ったら飲めない?スターバックスのドリンクに砂糖小さじ25杯分 分析対象の98%に大量の砂糖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

09037-2.jpg
スタバの「ホットチャイ」は砂糖小さじ25杯分! Everything / Shutterstock.com

 あなたは「砂糖小さじ25杯分」が入った飲み物と知れば、多少なりとも購入を躊躇しないだろうか。

 糖分と健康の関係を調査している英国の非営利団体『アクション・オン・シュガー』が、自国内のコーヒーチェーンとファストフードチェーンの掲載メニューから計131種類のドリンクを分析。その報告書の中身がかなり衝撃的だ。

 一例を挙げれば、日本でもすっかりお馴染みの大手コーヒーチェーン、スターバックス社の場合、ホットチャイ(=オレンジ&シナモンスティック添えのグレープフレーバー)の最大サイズに含まれている砂糖の量は「小さじ25杯分」相当の99gだったとか。

 さらに、同サイズのシグネチャー・ホットチョコレートにも「同15杯分」の砂糖が含まれていた。また、ケンタッキー・フライドチキン社のカフェモカも同じ「15杯分」だ。分析対象の98%が、消費者向け食品指針上の砂糖含有量に鑑みて“レッドカード級”だったのだ。