NEW

歩いているときに“膝カックン”……「膝折れ」する人は大腿四頭筋が弱い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

3894-2.jpg
「膝折れ」による転倒を防ぐには?(shutterstock.com)

 歩いている時に膝が“ガクッ”と折れてしまったという経験をしたことはないだろうか? この「膝折れ」という現象は、バランスを崩して転倒を招くこともある。

 先日、膝折れが転倒リスクやさらなるケガを招く非常に重要な要素となることが報告された。

 アメリカの科学雑誌『Arthritis Care & Research』(2016年2月号)で発表された「Symptoms of Knee Instability are Risk Factors for Recurrent Fall」というタイトルの論文だ。日本語に訳すと「膝の不安定性は転倒リスクになりうる」。

 この論文では、1800人を超える「変形性膝関節症」を発症している高齢者を対象にして、膝関節の不安定(膝折れ現象)がどの程度起こるかを調査。さらに、その膝折れが起こった対象者の転倒リスクを調べている。

 その結果、膝折れで転倒した対象者はその後(2年間)、転倒が再発するリスクが4倍以上、転倒により重度の受傷を生じるリスクが2倍、転倒関連の損傷により活動が制限されるリスクは3倍、平衡感覚の問題を生じるリスクは4倍になるなど、さまさまな事実が明らかになったという。

 膝折れは、転倒リスクやさらなるケガを招く非常に重要な要素となることをを改めて紹介している。

“膝を守る”大事な筋肉を知っている?

 なぜ膝折れは起こるのか?