NEW

なぜ小学生がゾンビに? 過激コメディ『ゾンビスクール!』が風刺する現代社会

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アメリカ中の街がゾンビだらけになり、ショッピングモールに逃げ込む男女達。そこには何故か、とりわけ大量のゾンビが徘徊していた。

「なんでモールにゾンビが集まってくるの!?」
「おそらく、生きていたときの本能だろう」

 死者が蘇り歩き出すというブードゥ教の言い伝えを、B級ホラー映画の人気題材に押し上げたゾンビ映画の第一人者、ジョージ・A・ロメロ監督による『ゾンビ』の一幕である。ショッピングモールを目的もなくウロウロと動き回るゾンビこと生きた死体の姿は、生きている人間もゾンビも「やってることはたいして変わらない」という、現代アメリカへの痛烈な風刺となっている。以後、様々な映像作家によって、数多く作られたゾンビ映画の多くは、意識的であれ無意識的であれ、「ゾンビ」という異物を身近な場所に放り込んでみることで、現代社会の姿を表現してきたといえるだろう。

 映画の中で、ゾンビには様々な社会的役割が与えられてきた。変わったところでは、人食いザメと水中で死闘を繰り広げるゾンビ、自己の存在理由に思い悩むゾンビ、ストリップをするゾンビ、刑事として事件を解決するゾンビなどもいる。『ゾンビスクール!』に登場するのは、「小学生ゾンビ」である。本作は、小学校教師達が、ゾンビ化した教え子達、ゾンビキッズ軍団と死闘を繰り広げながら、地獄となった小学校から必死の逃亡をするという、過激なコメディ作品だ。

続きはこちら