NEW

松方弘樹「脳リンパ腫」が判明 罹患率は10万人に1人、抗がん剤や放射線で治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

hirokimatsukata.jpg
脳腫瘍ではなく脳リンパ腫と判明した松方弘樹さん(写真は公式ブログより)

 3月2日付けのスポニチアネックスなどの報道によると、脳腫瘍の疑いで長期療養していた俳優の松方弘樹さん(73)は、脳リンパ腫(中枢神経系リンパ腫)だったことがわかった。

 松方さんは、2月13日に体調不良を訴え、都内の病院を受診後、18日に他院で精密検査入院。MRI(核磁気共鳴画像法)による画像検査の結果、脳腫瘍の疑いがあるため長期療養に入り、25日に頭部に小さな穴を開け、内視鏡で脳細胞の一部を採取・検査する生検(定位的脳腫瘍生検術)を受けた。頭部の穴が完全にふさがれば、3月7日ごろから抗がん剤治療が始まる。

 主治医は「脳にリンパ腫ができる症例は少ない。悪性だが、他の部位からの転移ではない。抗がん剤が効けば、秋には完全に治る見込みが高い。症状によっては放射線治療を追加する可能性もある」と語っている。

 関係者によると、現在、松方さんは、右の手足にしびれが残り、顔色はあまり良くない。だが、激しい頭痛や意識混濁などの症状はなく、食欲は旺盛らしい。