NEW

『いつ恋』『わたしを離さないで』が、ドラマ好きから高く評価される理由

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 あなたは現在放送中のドラマ、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系、以下『いつ恋』に略)と『わたしを離さないで』(TBS系、以下『わたし』)を見ているだろうか。

 『いつ恋』は若者の貧困と東京生活の辛さ、『わたし』は臓器提供のために生まれたクローン人間という重苦しい設定が敬遠されたのか視聴率では苦戦しているが、その一方で見ている人の満足度は高い。私の友人・知人のいわゆる“ドラマ識者”たちの間でも評判がよく、私自身も各メディアで称賛してきたが、終盤を迎える今、それが間違っていなかったことを実感している。

 その魅力は、『いつ恋』は有村架純、高良健吾、『わたし』は綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみというメインキャストというより、「純粋なドラマ内容だけで評価できる」ほどの優れた脚本。

続きはこちら